胸ニキビの原因

胸ニキビってあまり聞いたことがないかもしれませんね。

鎖骨周辺から胸の谷間辺りにかけて出来るにきびで、顔以外の体に出来るにきびの一つです。普段は衣服で隠れていますが、いざというときににきびが赤く目立つのはいやなものです。暑い時期は、胸元の開いた服を着る機会や、水着になる機会もありますから、普段から気をつけておきたいものです。

胸ニキビの出来る場所的要因

にきびというのは、毛穴に皮脂がたまることによって発生しますが、その皮脂がたまる要因の一つには場所があります。胸というのは、特に夏場は汗をかきやすく、汗は谷間に流れていき、その汗を拭うにはちょっと気の引ける場所でもありますから、汚れもついたままになりやすくにきびのできる要因となります。

胸ニキビの出来る内的要因

胸ニキビは思春期にはあまり見られず、大人になってできやすいにきびです。ですから、成長期のホルモンバランスの乱れの要因による皮脂過剰分泌ではなく、ストレス、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどによるホルモンバランスの乱れを要因とする皮脂の過剰分泌が疑われます。

胸ニキビの出来る外的要因

胸という部位は、皮脂や汗などの分泌物や汚れがついた下着や衣服が触れる場所でもありにきびのできる大きな要因と考えられます。ファッション性の高い化学繊維で出来た下着や衣類で必要以上に締め付けたりすると、肌への刺激も大きく通気性も悪くなっています。

また、入浴時のシャンプーやリンスの流し残し、香りの強い(刺激の強い)ボディーローションやUVカットのクリームなども要因として考えられます。

胸ニキビのケアと予防

胸ニキビが出来てしまっている場合は、基本的には顔などのにきびと同じ対処方法が必要です。

スキンケアの基本である洗浄にも気をつけて、顔と同じく洗剤類のすすぎをしっかりと行いましょう。角質が厚くなっている可能性がある場合は、肌のターンオーバーを促進させるためにピーリングを行うことも必要になります。

胸ニキビのこうしたケアは入浴時に行うことが多くなると思いますから、石鹸タイプのピーリング剤が便利ですね。特にピーリングを行う場合は、肌が乾燥しやすくなりますから、最後にしっかりと保湿することを忘れずにしましょう。

肌を正常化に導くビタミンC誘導体などが配合されているローションや乳液などを使うのもよいですね。

 

その他の胸ニキビケアでは、要因のところで挙げた、下着や衣服についても注意が必要です。

肌に優しく吸湿性の高い綿やシルクの衣類を身につけて、にきび肌への刺激を少なくすることを心がけましょう。清潔さを保つために出来るだけこまめに着替えることと、特に直接肌に触れる下着などは低刺激の洗剤で洗うなどの注意を払ってください。

 

内的な要因を解消するためには、ホルモンバランスの正常化です。

食生活、生活習慣の正常化し、特にストレスケアをしっかりしましょう。
​ストレスの継続は男性ホルモンを刺激し皮脂の分泌過剰、角質を厚くすることが知られています。

入浴や、睡眠、軽いスポーツなど自分にあったストレス解消をもち、ホルモンバランスを崩さないようにしましょう。


もし、こうした胸ニキビのセルフケアを続けても改善が見られないようでしたら、皮膚科を受診してください。にきびと同じように毛穴に炎症を起こすマラセチア毛包炎などは、専門の治療薬で改善されます。

 

胸ニキビケア商品

胸ニキビのセルフケアの場合、まずは体の洗浄ですが、体を洗う石鹸は、体にあったものなら現在使用のボディーソープなどでよいと思います。

 

ニキビ跡などが気になる場合はニキビケア(ピーリング)のところでもご紹介したピーリング石鹸【スキンピールバー】などもお勧めです。

 

胸ニキビのセルフケアで最も重要なのが洗浄後の保湿になります。

この保湿には、化粧水、ゲルなどありますが、もし保湿の実感が感じられないなら、一手間かけることで、化粧水などの保水をしっかりと浸透させるものがあります。

 

お風呂に入って、洗浄した後この商品をペースト状にし、しばらく肌になじませ、再度洗い流し、その後化粧水やゲル・美容液などを用いると保湿が更に充実します。

顔のニキビケアなどに開発された商品ですが、ボディにも使えます。

 

みんなの肌潤糖 クリアタイプ

みんなの肌潤糖 クリアタイプ の詳細はこちら

今までにない発想から生まれた、
砂糖が原料のニキビケア化粧品。

原料の80%が北海道のビート糖(てん菜糖)で、残り20%は、肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイル。

洗浄後の肌に肌潤糖でお手入れした後に、保湿用の化粧水や美容液を使うことで保湿が更に充実します。

みんなの肌潤糖 クリアタイプ の詳細はこちら

 

そして、胸ニキビケアでの保湿は、場所が場所だけに1日に何回もするというのが難しいもの。

朝、晩の2回は家庭で出来るとして、そのときは化粧水、ジェル・美容液を重ねて使えます。

でも実際は、昼間にも出来れば保湿ケアはしたいもの。

そんなときは、スプレータイプの化粧水を使うと短時間で手軽に出来ますね。 ここでは、ニキビケアに有効な保湿化粧水のスプレータイプのものを紹介しておきます。

 

メルシアン

メルシアンの詳細はこちら

メルシアンは、
医薬部外品 保水、美白スプレーです。

少し高価になりますが、美容成分、保水成分配合ですので、デコルテ、二の腕、顔と背中以外も使用ができます。

詳細ページでは背中ニキビを中心に解説してありますが、デコルテに読み替えてもらえればよいと思います。

【有効成分】
水溶性プラセンタエキス/グリチルリチン酸2
【その他の成分】
BG/濃グリセリン/1,2-ペンタンジオール/ジグリセリン/トレハロース/グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液/DL-PCA・Na液/PCA/水酸化Na/乳酸Na液/アセチルチロシン/牡丹エキス/カッコンエキス/プルーン酵素分解物/テンニンカ果実エキス/カンゾウ葉エキス/水解コラーゲン末/アーティチョークエキス/ヒメフウロエキス/無水クエン酸/クエン酸Na/フェノキシエタノール/精製水

メルシアンの詳細はこちら

 

更に、胸ニキビなどのボディに出来るにきびケアの場合、
衣服などの刺激も多く顔のニキビケアより、保湿は万全にしておきましょう。

そのためには、化粧水での保湿に加え、更に保湿を促すゲルタイプのものや、クリームタイプの製品を使うことが薦められます。

ここではボディケア用のゲルを3つご紹介します。

 

クリスタルモーション

クリスタルモーション の詳細はこちら

クリスタルモーションは、医薬部外品の薬用ボディジェルです。

敏感肌の人も使用可能で、胸やデコルテ以外にも、顔、ひじ、腕、背中、お尻、太もも、Vラインにも使用できます。

1日2回 適量を手に取り少し温めて、気になるところに塗るだけでOKです。

成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス、トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

クリスタルモーション の詳細はこちら

メルライン

メルラインの詳細はこちら

メルライン
保湿・美白・エイジングケアを目的とした医薬部外品 ニキビ専用ジェルです。

独自抽出の「ビオカタライザープラセンタ」で、肌の美しさ・白さにとって天敵である“黒ずみ”をケアし、美白までもサポート

詳細ページでは、あご・フェイスラインニキビのケアをといていますが、顔、デコルテライン、お尻、二の腕などにも使用可能です。

保湿成分として、ヒアルロン酸・アセチル化ヒアルロン酸・加水分解ヒアルロン酸、濃グリセリン、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トリメチルグリシン、BG、1.2-ヘキサンジオール、水溶性コラーゲンといった10種類もの成分が高濃度配合されています。

MELLINE(メルライン)の詳細はこちら

ジュエルレイン

ジュエルレインの詳細はこちら

医薬部外品のジュエルレインは、薬用背中ニキビケアジェルで有名ですが、その他のボディに出来る胸ニキビ、お尻ニキビなどにも有効です。

1日に2回塗ることで、肌の保湿効果が変わります。保湿に大変優れ、 乾燥する冬や紫外線の怖い夏でも潤いのあるお肌を保ちます。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスー1
その他の成分:精製水、濃グリセリン、1.3プチレングリコール、2—エチルヘキサン酸セチル、1.2—ペンダンジオールトリメチルグリシン、カルボキシルビニルポリマー、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、フェノキシエタノール、スイサンカカリウム、キサンダンガム、植物性スクワラン、トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE,ヒアルロン酸ナトリウム(2)、クララエキス(1)、N-ステアロイルフィストスフィンゴシン、シャクヤクエキス、トウキエキス、カンゾウフラボノイド、クワエキス、アオエエキス、オウバクエキス、エイジツエキス、コメヌカエキス、加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン駅、レモングラス抽出液、香料

ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

とにかく、胸ニキビなどのボディに出来るにきびは、
​普段保湿のためのケアをしない部分です。

気をつけて保湿を心がけ、スベスベのお肌を手に入れましょう。

 

 


 パルクレール美容液

 

 

 





 

 

 

 

© 2018 大人ニキビ rss